1月 27, 2015

XF56mmF1.2Rの話

Posted in camera, scrible tagged , , @ 09:42 by R_tungsten

月は出ているか

 XFレンズがズームでも良く写るので、これは単焦点も使わにゃーと思っているうちに早一年。漸く単焦点をお買い上げ。XF56mmF1.2Rでございます。最近ではAPDフィルター内蔵の同じ焦点距離のレンズがありますが、APDじゃない方な!買うとき「APDじゃない方の56mmください」って言ったら店員さんに若干笑われた……。

 FUJIの中の人たちによると「最高のポートレイト用レンズを作ろう!」と意気込んで作ったおレンズのようです。ポートレート撮らないけど。中望遠スキーとしては見逃せない、とかなんとか。でも14mmも気になるよね(アレ?

 まず目を引くのが開放値の小ささでございます。F1.2だよ!なにそれこわい!

 中望遠(35mm換算で84mmですね)且つ、開放値が小さい、という事は当然ボケ狙いのレンズじゃろ!と言う事で開放ばかりで試し撮りしてきました。……開放バカ誕生の瞬間である。

人がいなくならない

 お分かりいただけただろうか?この距離でも手前の人物がボケるのであーる。うん。接写じゃない時のボケって好きよ。ちなみに上の写真も当然開放で撮っているが、合焦部は存外、と言うか非常にシャープである。全体の印象としてはコントラストが微妙に出ない感じであるが、ポートレート用ならば、こんなもんな方が使いやすいのかも知れぬ。ポートレート撮らないけど。

 ちょろっとF1.2とF5.6を比べてみようと同じ被写体を撮ってみたので以下に貼り付けておく。あ、被写体がアレなのはなんていうかその、他にディテールが多そうな被写体が見つからなかった……。

F1.2

↑F1.2

F5.6

↑F5.6

 うん……あんまり違いが分からない。後景のボケ具合はまったく違うけれども、合焦部の描写はほぼ同じ、変わらないと言っても良い。周辺部に行くと若干F1.2の方が甘いような気もするけども、言われなければ気づかないんじゃなかろうか。
 ちなみに、作例では左上が若干周辺光量落ちしているように見えるけども、たぶん空の色がちょうどそんな感じなだけだと思う。周辺光量落ちは開放からほぼないと思っていただいて大丈夫そうである。

 しかしまあ、これまた良く写るおレンズである。夜景でも活躍出来そうなのでバシバシ使ってみよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。