1月 22, 2014

PENTAX6x7を借りた話

Posted in camera, scrible tagged , , , @ 12:02 by R_tungsten

irrotational sphere

 PENTAX6x7と言えば、135のSLRをそのままデカくしちゃったその佇まいから、「バケペン」の愛称のあるカメラである。実際デカい。そして重い。標準レンズ込みで大体2000gぐらいだろうか。大部分の中判SLRがウエストレベルを採用してペンタプリズムを省略しているのに対し、PENTAX6x7は巨大なペンタプリズムを使ってアイレベルを実現している。そりゃ重い。しかしなかなかピントのつかみ易いファインダーになっている。ファインダーは交換式なので、ウエストレベルにも出来る。こっちの方が多少軽い。
 6×7のフォーマットが印刷媒体と相性が良い事から、かつては使用するプロも多かったり、撮り鉄の方たちにも人気があったりしたようである。現代では何故か女性がぶんぶん振り回す印象になっているが、もしかすると僕の周りの環境がおかしいのかも知れない。
 今年に入って、無性に「でっかい人工物撮りたい!じゃあカメラもでかい方が良いんじゃね?」と言う謎の衝動がやってきていて、持っている友人に1日貸してもらった。ちなみに6×7は途中から67と呼称が変わっているが、今回お借りしたのは初代6×7の方である。後継機の67IIと言うのもあるが、こっちは結構形が変わっていたり便利になっていたりする。今でも少しお高めの価格設定となっている。

レインボーブリッジを徒歩で渡る

 でっかい人工物!と言うとまずスカイツリーとか東京タワーとか、あと都庁とかが思い浮かぶが、全部撮った事あるので、レインボーブリッジに行ってみた。が、レインボーブリッジと分かる写真があまり上手く撮れていない事実……。あまり気にしてはいけない。でっかい人工物と言えば、人工島もでっかい人工物である。人工島は前から大好きである。火星に来たみたいで楽しいよね。
 と言うわけで芝浦側からお台場側へ、徒歩で渡ってみた。そう徒歩で渡れるんである。他に首都高と一般道、ゆりかもめが通っている。何で渡っても楽しいよ。遊歩道はフェンスで囲まれているので、写真を撮るには不向きかもしれないが、橋のデカさを感じるには一番良い方法である。
 流石に6×7と言うべきなのか、細かい部分も良く写っている。6×7と言うフォーマットは縦横比があまり大きくないので使いやすいかなぁ。6×6のように完全にスクエアだと構図が難しくなる事もあるし、135は縦横比が大きすぎると感じる事もあるが、その点扱い易いフォーマットである。逆にその場の広さを表現するのは難しいのかも知れない。
 しかしレインボーブリッジは冬に徒歩で渡るべきではない。風が吹き始めると尋常じゃなく寒くなる。途中、PENTAX6x7のミラーが上がりっぱなしになる事態が起こったが、彼も寒さには弱いのかも。一応電子式だし。

光ダクトより

 オプションでカメラの左手側に木製のグリップを取り付ける事が出来る。ほとんどキャリー用だと思うのだが、グリップ装着時にピントが左手で合わせられるような、クイックフォーカスリングが用意されている事を踏まえると、撮る時にも使うものなのかもしれない。縦構図はともかく、横構図はレンズを下から支えた方が安定する気がするが……そこんとこどうなのだろう。
 重さの所為かは分からないが、ちょいちょい水平を取り損ねていた。なむさん。

 撮ってる最中はさほど重いとも感じないのだが、ただ持ち運ぶだけのときはやはり重い。我が家で一番重いMD-4付きのF3よりも若干重い程度だが、かさばり方はPENTAX6x7の方が上である(笑)。アイレベルで肩より上に持ち上げる必要があるので尚更であるが、重いアイレベルを振り回してるときの高揚感は撮影にも良い方向に働く(※気がする)ので、こういうカメラを時々使っておくのも良いかなぁなんて思っている。腕のシェイプアップにも効果ありだし。
 ……そのうちバケペン体操と言うカメラ女子向けの家でも出来るシェイプアップが特集されたり、しない……ね、そうね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。