7月 28, 2013

食事の写真を撮る話

Posted in scrible tagged , , @ 10:46 by R_tungsten

お会計はテーブルで

 携帯電話にカメラが付いたのは、もうずいぶん前のお話である。どういうつもりで付けたのかは謎であるが、一人一台カメラを持つ時代の到来である。回線速度の改善と共に、ネットワーク上にアップされることもどんどん盛んになっている。そのうち、一人の人間が一生のうちに見る映像が全部保存できちゃう時代とかも来るかも知んない。視覚データ全てに権利が主張されたり、ライセンスがない人は街の景観が黒く塗りつぶされて見えたり。まぁそんなSFな話はどうでも良い。
 と言うわけで四六時中カメラを持っているのが普通な僕たち現代人は、やれ夕焼けが綺麗だと言って写真を撮ったり、カフェでまったりしてるぜと言って写真を撮ったり、今起きましたおはようございますと言って写真を撮ったりしているわけである。

 写真を撮る人間でなくとも、初めて入ったお店で食事をしたら、なんとなく写真を撮ってみたりするようである。あまり興味がないのか、個人的にはよく撮るのを忘れるのだが、改めて考えてみると奇異な事である。
 そりゃ、一体何を主張したいんだ。お前の食事に一体誰が興味を持つんだ。と、言ってしまうとあんまりなのだが、きっと慣例になっているだけなのでは、なんて思う。お中元とか年賀状と同じなんだろう。
 いやいや例えば親しいグループで、パーティなんて開いた日には、みんなで記録するのが普通だろう。私達、今最高に楽しいんです。と主張しておくのは精神衛生を保つ為に重要な行為である。どんどんやろう。心が不健全になるよりは幾分マシなはずである。
 だがそこに一般的な主張はない。汲み取るべき意思はない。誰だってそんなことは分かっていて、ふーんと思いながらlikeしておく分けである。お中元にお礼状を書いておくのと同じ事である。

YAKINIKU

 何を撮ろうか考えるより、何を撮らないか考える方が、そろそろもしかして重要なのではなかろーか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。