2月 15, 2013

35mmの画角

Posted in scrible tagged , , @ 13:37 by R_tungsten

distorted

 標準レンズは焦点距離50mm。これはまぁ、ずいぶん長い事言われ続けている事なのである。しかし「標準レンズは人間が見たままの画角に近い」と言うと、たぶんそうでもない。50mmは標準域だけど、中望遠寄り、だと思う。実際SLRに50mmを付けてファインダーを覗いたら、いつもの視界より狭いんじゃなかろーか。とは言え、何か対象物があって、それをすこし意識して注視すると大体50mmぐらいかな、普通の距離感で撮ったら、余白が少なくなって対象物が良い感じに収まるかな、と言うのが50mmである。使い方によっては広角っぽくもなるし、望遠っぽくもなるし、ちょー便利、である。
 注視せずにふわっと見たときは35mm~40mmぐらいかな、と思う。28mmだと流石に逆に意識して視野を広げたぐらいの画角かな、と言う感じになる。

 ところで、今年はカメラ増やさないぞ、と思ってたのに、気がついたらKonica HEXAR RFが我が家に在った。謎だ。せっかくなので(?)RFで35mm使ってスナップの練習でもしようとCOLOR-SKOPAR35mmF2.5PIIも買った。……もういつもの事なので気にしないでください(笑)
 HEXAR RFの話は、また追々詳しくするとして、今回は35mmのお話。

BEAMS

 個人差はあるのは重々承知だが、人間が見たままの画角に近い、と言うととりあえず35mmかな、と思う。勿論、LeicaをはじめとするRFで標準的にスナップに使われるのが35mmだから、と言う先入観もあるが。35mmで広すぎ、と言う人はきっと普段から対象を注視するタイプで、「一歩前に進んで撮る」と言うのが上手く出来ない質なのだろうな、とか思う。35mmは、「対象」ではなく、その「場」を、ふわっと見て、「あぁ、これは全部入れたいね」と言う人向きの画角である、たぶん。逆に、物を撮ったり、ポートレートを撮ったり、と言うのはあんまり向いてないかも知れない。

 ちなみに個人的には35mmでも微妙に狭いと感じることがあるのだが……もしかすると28mmだけで長い事写真を撮っていた(TC-1→GRD2)所為、かも知れない。そのうち28mmとか15mmとか欲しい……と物欲は広がるばかりである、いい加減にしろ。GRかRokkorの28mmのLマウントが良いなぁ、Super Wide Heliarも良いなぁ……いやいやいや。

TIFFANY

 35mmはほとんど使った事がない(この間のENNAさんと、P.Angenieuxぐらいだろうか)ので、まだよく分からないが、絶妙に引き算している感じ……かな。50mmほど盛大に引き算しないし、28mmみたいに足し算もしないけど、そこはかとなく引き算するみたいな。……ほんとによく分からないね。
 とりあえず、もそっと試行錯誤してみようかな、と思います。

広告

1件のコメント »

  1. Ginga said,

    こんにちは。
    こちらにも失礼します。

    私個人の解釈ですが、視野でみれば35mmで、歪み(これも個々の感覚に依存する部分ですが)に違和感を感じないのが50mmと考えています。
    画角という言葉を視野と仮定した場合、ファインダーという覗き穴から世界を眺めているので、50mmが標準で35mmは覗き窓以上に見えるから広角と思っています。

    被写体を背面液晶で見る今日では当てはまらない理屈ですね;^_^A


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。