11月 11, 2012

lomography LadyGrey400

Posted in scrible tagged , , , @ 13:48 by R_tungsten

DOGENZAKA

 いろいろドサクサに紛れてLC-A+をようやく我が家にお迎えしたんである。
 数年前、某所のWSで体験しつつ、「でもトイとしては絶妙に高いよね……」と購入する事を躊躇してたとか、「いや?噂に聞くほど劇的にヘンテコ描写ではなくね?」と謎の抵抗をしていたとか、「電子シャッターのクセに、いかにも『俺、バネで動いてまっせ!』と言う感じのシャッター音が気に入らない」とか言ってましたが、普通に使いたかったよね、うん。
 新品で買ったのに最初からレンズにホコリが入っていたりとか、圧板が板バネでフィルムを押さえつけるトンデモ仕様で、右側だけ焦点こなかったりとか、マジ高えカメラだこれ……orz と文句を言いつつもそれほど憎めないlomographyクオリティ(笑)。

 せっかくなのでlomographyせんせーのLadyGrey400を入れてみたり(※1stロールは安定の400PRESTOでしたが)。
 公式にD-76のレシピがなかったので、探してみたところ、20℃、1+1で10.5minぐらい……らしい。先人に感謝。
 描写的には思いの外、普通……かな?粒子やや粗め、軟調気味だけどシャープネスはきちんとしてる使い易い黒白フィルムです。とは言え、上記レシピで1回しか現像してないので、すこしとんがった現像をするとまた少し化けるかもしれません(笑)。
 ベースの色は茶色とピンクの間ぐらいの色で、あまりみたことがない色です。どこのフィルムがベースになってるんだろ……完全に自社製造なんだろーか。謎い。結構硬い(※物理的に)ので、リールに巻くのは簡単で良いですが、カールが残り易いかも?

a flower shop

 総じて常用できそうな性能は充分持ってるフィルムと言えそう。まだ焼いてはいないので、その辺りの使いやすさは、はっきりとは言えませんが、ネガを見た限りは焼きやすそうに出来上がっております。
 しかし高い(笑)。1本600円近くするので、黒白としては高いかなぁ……。とは言えlomographyせんせーはフィルム製造の最後の砦になるかもしれないので、黒白も引き続き売ってて欲しいです。ほんとに。ついでに長尺も売ってくれたら、僕は嬉しいんですが(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。