7月 18, 2012

フレア、ゴースト、ハレーション

Posted in scrible tagged , , , @ 13:03 by R_tungsten

aren't you happy?
※フレア

 「写真を撮る時は逆光は基本的にはダメである(キリッ」と言われた経験はおありだろうか?僕はある。誰に言われたのか、と言うとなんと母である(笑)。たしか小学生の頃言われた。
 ちなみに逆光、とは言わずもがなかも知れないが、光源(※太陽など)に向かって、写真を撮ることである。今になって思えば、母もよく分からず言っていたのかも知れないが、逆光で撮るべきではない理由は幾つかに分けられる。
 1.自動露出で露出を外す
 画面中に強い光があるので、AEさんは「あー明るすぎるんじゃね?暗くしなきゃ」と考える。その結果、光源の前にある人物などが被写体の場合、被写体そのものはアンダーになる。完全に逆光だとシルエットになる。作画意図でない場合は失敗、と言う事になる。
 2.カメラに負担をかける
 AE機の場合、強すぎる光に晒すと露出計に負担をかける、が現行のカメラはそこまでヤワではないので気にしなくても良いハズである。デジカメの場合、さらにセンサーにも負担をかけるので、出来れば避けたいけれど、やはりそこまでヤw(略
 ちなみに、お安いセンサーだと、光が強すぎると露光できずに真っ黒になる(笑)。
 RF機の場合、レンズの直後にシャッター幕があるので、逆光ではこいつが焼けてしまう可能性がある。SLRではシャッター幕の前にミラーがあるので、そこまで気にしなくても良い。
 3.レンズの逆光耐性が試される
 レンズによっては、逆光時に、フレアやゴーストが発生する。設計の古いレンズやお安いレンズでは派手に出るので、作画意図でない場合は避ける。

 今回は、フレアやゴーストのお話。


 1枚目の写真がフレアの例である。光源が右上にあるが、ぼやっと白っぽくなっている。「よくある写真じゃん」と言われるとまあそうなのだけれど、これはレンズを通して映像を記録する写真だからこそ起こってしまう現象、なのである。
 何故こんな事が起こるのか。レンズは透明ではあるものの、一部の光はレンズ表面で反射する。通常撮影に使うレンズは、複数枚のレンズを光軸上に配置したものであるので、強すぎる光が侵入すると、レンズ表面で反射した光が複雑に乱反射し、本来光源ではない場所に光が記録される。と言うわけで逆光時にぼやっと白っぽく写るフレアが発生するわけである。

backlight
※ゴースト

 このうち、光源以外に光源があるように見える物をゴースト、と呼ぶ。丸が連なったり、絞りの形によっては多角形が連なったりする。これはこれで光の表現としてはアリ、だが、作画意図ではない場合にはやはり失敗、と言う事になる。ちなみに、現在ではデジタル的にゴーストを追加して光の表現とする、と言うこともあるらしい。へんてこな話であるが。
 フレアやゴーストはSLRやデジカメならファインダー上でもある程度は把握できるが、意図して起こす、ということはなかなか難しい。逆光の撮影時にファインダーをじっと見つめる、と言うのも目によろしくない(※上のゴースト写真はノーファインダーである(笑))
 フレアを防止する為に、近代のレンズは表面反射を防ぐコーティング、がされている。レンズを覗くと、紫や青や黄色に見える、アレである。コーティングはユーザーがすると言うわけにもいかないので、それとは別にレンズフードを装着して余分な光を低減する、と言う方法もある。

windmill
※ハレーション?

 似たような現象にハレーションがある。これはフィルム内部の乱反射によって起こる。のでデジタルカメラでは原理的には存在しない。隣のコマまで白くぼやけてしまうのが特徴である。

 これらが発生すると基本的には写真として失敗である。ので、レンズ内の乱反射を防ぐ為にレンズコーティングや内面反射処理が進歩したわけだが、あんまり目くじら立てて、「おぉ!これはフレアである!このレンズはけしからん!」と言うのも、なんだか視野の狭いお話である。と言うかフレアが出るのは基本的には撮影者のせいである。逆光を選んだのなら当然フレアの発生を予想していて然るべきではなかろーか。とは言えどーにもならんレンズ、と言うのもまた存在はするのだが……(笑)。
 ある程度レンズの特性を学び、作画意図として「まぁフレアでるんじゃね?この構図なら出てもいいんじゃね?」ぐらいの気持ちで撮るのもアリだとは思う。当然意図してないときに出られると「おぉ!おま……ここで出なくてもいいじゃん」となるだろうけれど。フレアが出ても良い時、と出てはいけない時、でレンズを選択出来る、と言うのが理想である。

oblique
※CF Planar80mm F2.8 「逆光余裕でした^q^」

 ちなみに。所有している中で最も逆光耐性が高いのはCF Planar80mm F2.8……だと思う。Y/CのPlanarさんもかなり優秀だが、ヤシコンのレンズはどれもそこはかとなく逆光に弱い(笑)。CF Planarは逆光耐性が高すぎて、ゴースト出るだろうと思っても、全く出ない。……ままならねーですー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。