6月 24, 2012

CONTAX RTSIIIの話

Posted in camera tagged , , , @ 10:04 by R_tungsten

time goes by as fish community

 RTSIIが壊れ気味なので、RTSIIIを買いましt……てへぺろ。
 CONTAX RTSIIIはヤシカコンタックス最後のフラグシップ機でございます。RTSIIがRTSと見かけ上はさほど変わらないのに対し、IIIになると、縦グリップ一体型となり……めっちゃゴツくなります。ガチムチです。アッー。
 目立った機能としては、フィルムを撮影時に圧板に吸着して平面性を保証するリアルタイムヴァキューム(RTV)や、秒間5コマの高速巻上げ、視野率100%のファインダー、なんかがありまして、実に旗艦機らしいガチっぷりです、ガクブル。とは言え、当時は各社AFや評価測光を採用していた時代。MFレンズしかないCONTAXの苦心っぷりが随所に垣間見られたりして、なんとも不憫な気持ちになります。現在ではRTSIIの方が人気っぽいし。……とりあえず脳内では薄幸の技術者(※当然美女)と言う設定にしておきます。みかけガチムチだけど。重量ぱないけど。単三電池6本で駆動だけど。
 ちなみに大きさは56x121x66、重量は1,150gでございます。レンズ抜きで。レンズを付けた状態で500C/Mと持ち比べてみましたが、体感的には同じぐらいでしょうか。ただウエストレベルの500C/Mに比べて、アイレベルのRTSIIIは胸より上に持ち上げる分、使っている最中は重く感じます。35mmのクセに!重い!だんだんと右手が痺れてまいります。だがそれが良い(ドMか

 しかしこのRTSIII、視野率100%を達成する為か、ファインダー倍率がRTSIIより下げられていまして、IIIよりはIIの方がピントは合わせ易かったりします。「RTVとかあっても、ピント合わせしにくかったら意味ないんじゃね?」などと評されていたりいなかったり。
 実際にはそれほど合わせ難くはありません。開放で接写を連用するなどシビアな条件を狙わない限りは問題ないレベル。僕がろくにピントを合わせないのでそう感じるのかも知れませんが。

1st shot (RTSIII)

 CONTAX後期(巻上げが自動になったあたりから)では、RTSの羽のように軽い電子レリーズにも、「半押し」が採用されている、と聞いていて、なんだよ、最早他のメーカーと同じじゃんかよ、RTSとか名乗るなよ、と思ったりもしたのですが、この半押し、異様に浅い。その上半押しする前から、ずっと測光している。ので普段はほとんど意識せずにきちんとRTSで使えます。触れて半押し、触れて力を入れればシャッターが落ちる感じ。電源を入れてしばらく放置すると省電力モードに入るっぽいので、その時には半押しで復帰します。……と言うか前面の露出確認ボタンでも復帰します。半押しェ……。まぁ、恐らく、他のメーカーが半押しでAEオンにするUIを採用したので、しかたなく追従したんでしょうね(笑)。ちょっと無意味な感はありますが。ちなみに縦グリップのレリーズも同じ感じの設定になっております。軽く落ちる感じは結構気持ち良いよ?
 あと個人的にはモータードライブ機の「ガシャ、ギュイーン」って音があまり好きじゃないのですが、RTSIIIは「ビシューン」と聞いたことがない音がします(笑)。高速巻上げだからなのかな?高音が若干耳障りですが、全体としては気持ち良い感じ。びしゅーん。

 レンズはRTSIIからそのまま引き継いでP50/1.4AEJを使ってます。やっぱりなんだか懐かしい感じがする良いレンズです。ちょっと分析出来ませんが、収差が良い感じに調節されていて、シャープになりすぎず、破綻もしない、立体感のある特有の描写になっている、とでも表現しましょうか。なんだか料理漫画みたいな文章ですが(笑)。
 兎にも角にも、このレンズを使い込んでみたいので、一番ガチなボディを入手したのですが……85mmも欲しいなぁ(アレ?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。