6月 7, 2012

フィルムを装填する話

Posted in scrible tagged , @ 12:19 by R_tungsten

loudly chatter 2

 どうにも周りに、フィルムを使い続けてきた人ばかり居るので、忘れがちだけれど、これから始める、と言う人もそれなりに多いのであった。と言うわけで今回は基本的な話。

 SDカードを入れ間違える、と言う事はあんまりない。入れ忘れる、と言う事はたまにあるとしても。しかしフィルムを入れ間違えると、ショックが大きいので、まずはここんとこをきちんと押さえておこう。
 とは言え、当ブログ、解説用の写真は載せない、と言う謎ポリシーなので、文章だけでどうにかこうにか。

 120を入れ間違える(※敢えて解説しよう。120とはブローニーフィルム、中判で使うフィルムの事である、どーん)、と言うことはあんまりない。あるとすると、マガジンが別になっているカメラで、表裏を間違えて全部未露光になるぐらいだろうか。全部未露光で撮り切ってしまったら、もし現像を出す前にそれに気づいたのなら、布団の中で一度全部巻き直せばまた使える。めでたい。埃はつくかもしれないけど。
 ちなみに、120は巻紙さんが外側になるようにスプールにぐるぐる巻きつけられているので、筒の外側が裏、中側が表(光を当てる面)、である。220では途中から巻紙さんがなくなるので、表裏間違えて装填してしまうと、たぶんレッドスケールになるので、諦めて現像しよう。220使う人が間違えるとはなかなか思えないけれど。
 120にはパーフォレーション(※上下に空いてる穴の事)がないので、毎回微妙に写る範囲が前後する。撮り切って多重したり、スワップしたりは難しいので注意である。

photo summit 3

 135の場合(※敢えて説明しよう!ライカ判のことである!……説明になってない!)、一番多いのが、装填の際に「ひっかけ損ねる」事である。
 巻き取り側にはパーフォレーションを噛むように、爪が付いているのだが、巻き上げるとここが外れてしまい、最初の1コマから全く進まないまま撮り切ってしまう、と言う状況である。この場合、普通はいつまで経ってもフィルムを使い切れないので36回以上シャッターを切ってから気づく。気づいたら、冷静に少し巻き戻して(※引っかかっていないなら巻き戻しの感触は超軽いハズである、おーまいぐっねす)、勇気を振り絞って裏蓋を開けよう。ベロが出ている状態なら、もう一度引っ掛けなおして使えば良い。フィルムピッカー(※敢えて説明しよう!巻き戻し終わったフィルムからベロを出す超便利な道具である。カメラ屋で1000円ちょっとで売ってる。1個ぐらい買っておこう!)があるなら、全部巻き戻してからベロを出しなおして使えばよい。らっきー。
 この失敗を防ぐ為には、装填後は必ずフィルムを少し巻き戻して、引っかかっていることを確認すると良い。そして、1コマ目まで空シャッターを切りながら巻き上げる際には、巻き戻し側も一緒に動いていることを確認すべし。ある程度コマが進めば(仮に途中でフィルムが外れたとしても)摩擦で巻き上がるので大丈夫……じゃないかな?

a grate

 さてここで、豆知識。
 フィルムはどこからコマが始まっても別に支障ないのだが、きちんとコマ番号がパーフォレーションの外に書いてある。ベタから引き伸ばしたりする時には結構便利(※例えば同じような構図が何コマも連続している場合は番号を基準としてネガからコマを選び出す)である。ところが機種によって、コマ番号と実際のコマが絶妙にズレる。おぉ……これは気に入らん。と言う場合、装填の際に「少し巻き上げてからフィルムを噛ませて、最初のコマの位置をズラす」と言うテクニックが使える。何度か試行錯誤すれば良い感じになるはずである。
 余談だが、モーターによるオートローディングのカメラの場合、ベロの先端を指標に合わせて裏蓋を閉じるだけで1コマ目まで巻き上げてくれる。ベロを突っ込みすぎると、うっかり1コマ分ぐらい巻き上げすぎるので要注意。逆をやると全く巻き上げてくれないがその場合はエラーが出るので大丈夫である。
 さらに余談だが、コマ間をパーフォレーションに赤外線を当てて感知しているカメラがあるので、赤外線フィルムを使うと感光する。……まぁそんな使わない……かな?

 さらにさらに余談。あまり意識しないかもしれないが、コマ間はちょうどパーフォレーションの間になるように多くのカメラで調整されている。なんでか、と言うと、カットするときに穴の部分で切ると、シートや引き伸ばし機に入れたりするときにひっかかってフィルムを破損する可能性があるからである。……ちなみに我が家のカメラだとkievは「ちょうどコマ間が穴の上に来るように」撮れる(笑)。流石である。

広告

3件のコメント »

  1. Taro said,

    古い記事へのコメントで失礼します。
    フィルムの表裏を間違えた、で検索して、ここに辿り着きました。笑
    ブローニーの表裏を間違えたわけですが、しかも「220」を間違えました。
    諦めて現像に出します・・・・・笑

    • R_tungsten said,

      検索でうちに辿り着くとかwww
      220を使うカメラも持ってたんですね、うへ。

  2. […] ネットで検索をかけて、辿り着いたブログ『Tint』。 リンクさせてもらっているブログが偶然一番にヒットしたわけで、それがこの記事。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。