5月 7, 2012

続レッドスケールの話

Posted in scrible tagged , , @ 13:17 by R_tungsten

uknown shop

 以前「レッドスケールの話」をしたときに、「オーバーなのを撮ってみたい」と書いたんであった。と言う訳でやってみた。
 勘露出だと安定してオーバーに出来ないので(※修行が足りんのである)、AE機にレッドスケールフィルムを入れて。我が家にはEOS KissとRTSIIしかAE機がないので、ここは敢えてRTSIIでチャレンジしてみた。……ちなみにKissには1年以上前にレッドスケールフィルムを入れたままであr早く撮り切ろう(笑)。

 使ったフィルムを販売しているlomographyのページには、ISO50かそれ以下の感度にすると、ゴールドな色の写真になるよ、と書いてある。そんなわけで、とりあえず50に設定。これだとフィルムの実効感度が100として、1段オーバー、と言う事になる、たぶん。
 その後RTSIIで撮影を重ねて、露出計が0.5~1段ぐらいアンダーになっちゃてるっぽい事が判明したので、必ずしも1段オーバーにはなってない気はする。だから今回は、おおむねオーバー目に撮ってみたよ、って感じ。

Ueno park

 AE機に内蔵の反射光式露出計しか使わないで撮っているので、当然シーンによって露出がズレる。なので、オーバー目の設定とは言え、被写体によっては若干アンダー、赤っぽくなっている。あれ、コレも修行不足かw
 いずれにしても適正からのズレがカラーの変化として表現される、というのは面白い。

smokers

 モノクロ同様、輪郭がキリッとはっきり浮かび上がるところが気持ちいい。モノクロの方がまだ大人しい気がするけれど。1ロール中にはっきりオーバーだな、と分かるのが数枚しかなかったので、今度はISO25まで下げて撮っても良いかも知れない。手ブレ注意だけど。
 また、たまに使ってみようかな、と思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。