4月 22, 2012

15年前のフィルムを取り込んでみた。

Posted in scrible tagged , , @ 09:44 by R_tungsten

1997.10.26 #2

 んヶ月ぶりに実家に帰った。HOLGA120GNだけ持って、ふらふら散歩しよーかな、と思っていたのだが、あいにくの曇天だったので、結局引き篭もりDAYになってしまった。
 居間で読書をしていたら、ふとサイドボードの上に、中学生の頃(※かれこれ15年ぐらい前になろうか)、初めてモノクロで撮った写真がまだ飾ってあった。そう言えばこのときのネガを回収していなかったな、と自室をちょろっと発掘することにしたんである。

 で、見つけたロールの中の写真を本記事に載せてある(笑)。当時はまだCD-R化と言うサービスがなかった(か、あってもメジャーではなかった)ので、アパートに帰ってからスキャナで取り込んだ。こういうときは便利なもんである。そうそう、サービスと言えば、当時はスーパーマーケットの中のミニラボでもモノクロ現像をやってくれてたっぽい。時代は変わる。今はミニラボだと外注で中3日かそれ以上待たされる。

1997.10.26 #1

 ちなみに初代EOS Kissに、これまた初めて自分で買った単焦点のEF50mm F1.4 USMを使っている。使っている、と言うか使っていた、ハズだ(笑)。当時の僕は「ズームレンズ?50mmで勉強するのが先だろ?(ドヤァ」と言う、分かった風な事を考えていたクソガキであったので、たぶん間違いない。今でも標準画角の単焦点で撮るのが基準だと思ってはいるけれど(笑)。
 そしてフィルムはNEOPAN SSを使っている。たぶんこれしかモノクロを売ってなかったんじゃなかろうか、と思うがその辺とりあえずモノクロで撮れればいいや、としか思っていなかったので記憶は曖昧である。今思えば面白い選択と感じる。

1997.10.26 #5

 そう言えば、時折、「使用フィルム不明」と脚注を付けて写真を使っているのを見かける。不思議な事である。「撮影カメラ不明」とか「使用レンズ不明」とかなら分かる。記録に残らないから。しかし「フィルム不明」は解せぬ。だってパーフォレーションの外側にちゃんと書いてあるじゃないか。はて、「フィルム不明」とは「ネガを紛失している」と言う事の婉曲表現か、あるいは「ネガはあるけど取り出すのがめんどう」と言う意味なのだろうか。謎である。
 いずれにしても「使用フィルム不明」と言うのは、わざわざ明記しないで良いような気がする。常に撮影条件を明記しようと言う「コダワリ」と、実際にはネガが管理されていないと言う現実に齟齬を感じる。自家撞着ではなかろうか。

1997.10.26 #4

 しかしこのロール。15年前なのに、被写体の選定が今とほとんど変わらない(笑)。敢えて言うなら狙って開放付近で撮っているらしいのが今とは違うだろうか。人間あまり進歩していないなぁ、と思う。
 この先15年後、今の写真を見返すことはあるだろうか。あると信じたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。