4月 7, 2012

機械式に慣れた人がAE機に対して思う事。

Posted in scrible tagged , , , @ 13:34 by R_tungsten

銭湯にはチャリで

 機械式シャッター至上主義の僕であるが、AEカメラだって普通に使う。とは言え、微妙にカメラとの関係が変わってくるので、たまに使おうとすると厄介な事になる。

 典型的なのは逆光の時の撮影である。
 機械式シャッター(と言うか、マニュアル機、と表現した方がこの場合正しい)の場合、勘露出で被写体の光を感じて露出を決めて、そのまま撮れる。ところが、中央部重点測光なんかのAE機だと、「この子の場合はこのシーンだとこんぐらいアンダーになるんだろうな」と考えながらオーバー側に補正するか、マニュアルに切り替えて撮らねばならぬ。うっかり忘れてシルエットを撮ってしまったりとか。
 AE機はそのまんま撮ろうとすると思いがけない露出になって、失敗するんである。気をつけてれば良いじゃんと言う話なのだが、慣れと言うのは恐ろしいもので、マニュアルで撮る事に慣れていると、ファインダーを覗いた時には既に露出が決まっている、と思い込んでしまうのである。
 なつこさんなら、それでも失敗は少ないし、別に失敗しても、「あーなつこさんはこうしたかったのね」と何故か納得してしまうんであるが、RTSIIの場合、なにせリアルタイムシステムなので、うっかりそのままレリーズを押し込んでしまって、「あー!補正忘れてたーっ!アッー!」となる事が多い(笑)。この差は愛の差かもしれないが。となるとAE機はAEをどんだけ愛せるか、で納得の度合いが異なるのかも知れぬ。しかし触れないモノ(※プログラム)を愛する趣味はない。愛は触感から発生する、と信じている。

wounded playground 3

 話は変わるが、電源を入れ忘れる事も多い。機械式ならレリーズを押せばそのまま撮れるので、AE機では「あれ?なんでシャッター落ちないの?」となる。3回に1回はなる(笑)。電源を入れてるうちにイメージが腐敗するので、撮り損ねたらもう撮らねーよヽ(`Д´)ノとなることもしばしば。Exaktaなんかはレリーズロック(※と言うかただのフタだけどw)が付いてるので同じ現象を起こす事があるが、これは外しっぱなしにしておけばよい。AE機の場合電源入れっぱなしだとバッテリーを消耗するので入れっぱなし、と言うわけにもいかない貧乏性。勿論シャッターの誤爆を防ぐ意味もあるにはある。

 AE機はシャッターチャンスに強い、のは確かだが、勘で撮るのに慣れるとそうでもないんである。むしろ振り回される事の方が多い。比較したことがないので分からないが、機械式、AE機、どちらにしても極限まで慣れてしまえば、そんなに撮る速度は変わらないんじゃないか、と思う。
 尤も、浮気性の僕はどちらかに極限まで慣れる、と言う事はないだろうし、たまに気持ちを変えて振り回されてみる、のもそれはそれで楽しいものだと思う。

【参考記事】
「機械式シャッターの話」
「CONTAX RTSIIの話」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。