2月 14, 2012

バルナックライカの話

Posted in camera, scrible tagged , , @ 13:12 by R_tungsten

Tokyo Metropolitan Government

 バルナックライカ、という呼称がある。M3からのM型と区別する為に、後からそう呼称されるようになったらしいので、どうにも正式名称ではないっぽい。
 ともあれ、Oskar Barnackが直接設計したので、M型以前のLeicaはバルナックと呼ばれるのである。ちなみにバルナックライカのマウントはLマウントと呼称されるが、これもMマウントとは区別する為に後から付けられたもので、正式名称ではないらしいが、どうでもよい。

 バルナックは歴史的にも重要な位置を占めている。そもそも35mm判(※ライカ判とも呼ばれる)を使うようになったのはバルナックが初めであるし、レンズがカメラの中央やや左に位置しているところ、当たり前っぽいがシャッターが右側の上に付いているところ、なんかもバルナックから始まっている、と言ってもよい。厳密には言いすぎかもしれないが。
 35mm判が何故36枚撮りなのか、と言うと、Oskar Barnackが両手を伸ばした長さ(165cm)を35mm判で区切ると大体36枚になるからだーと言うお話さえある始末。マジなのか。
 そんなバルナックの魅力とはなんなのか。まだ付き合いは短いのだが今回はそんなお話。

 ところでOskar Barnackと言う人は小柄な人だったらしい。165cmぐらいだったと言う。そんなわけでバルナックライカは小さい。SLRに比べればM型だって充分小さいが、バルナックはさらに一回り小さい。こいつに、沈胴レンズをつけたりするとコンパクトさは今人気のミラーレスを凌ぐ。やったー!まさに女子カメラにぴったりー!……という特集を何故かあんまり見かけないのだが、何故だ(超真顔。
 持ち運ぶのにカメラバッグなんて必要ないほどで、普通のお出かけカバンとか、ポーチ的なものにするっと入ってしまう。両端が丸いのでどこへ入れてもなんとなく収まりが良い。これは現代のカメラに比べてもアドバンテージがあるんじゃなかろうか。コンデジには負けるけど(笑)。
 ちなみにお値段も今ならミラーレスを凌ぐお安さである。ただしランニングコストと、レンズ沼に嵌ると、あらやだ、お買い得!って感じではなくなる。ただ、完全に機械式のカメラなので、修理すればたとえ孫の代になっても直せると考えると、もしかするとお得かも知れない。

walk with nofinder

 当然ながらRFなので、フォーカスは二重像合致式である。しかも二重像の境界がふわっふわな虚像式なので、やや慣れは必要である。……が、絞り込んで目測フォーカスしてしまえばそもそもファインダーを覗かn……SLRに慣れている人には新鮮で楽しいかも知れぬ。
 ちなみにバルナックは二眼式ファインダーと呼ばれる、フォーカスとフレーミングを別のファインダーで行う、今だと見かけない方式を採用している。フレーミングのファインダーの中に二重像を入れるのが技術的に難しかったから、だと思うが、これは案外快適である。フォーカスとフレーミングという別の作業を、強制的に段階を踏んで行う、というリズムが出来上がる。何事もリズムがある、というのは楽しい。
 M3からはフレーミング用にブライトフレームが組み込まれているのだが、IIIg以外のバルナックはファインダーで見える範囲全体で、「だいたい」50mmである。なので見えている世界を切り取る、という感覚はあまりない。この辺り、非常にゆるーく出来ている。

空缶はないよ

 RFの宿命ではあるのだが、寄れない。最短撮影距離はだいたい1m前後のレンズが多い。その代わり、中距離のフォーカスは細かく調整出来る。そうか、テーブルフォトに向いてないから女子カメラとして紹介されないのかっ!くそっ!
 とは言え、街撮りスナップには非常に向いている。シャッターの切れる音も割りと癒し系である。しかし道行く人が気づかないほど小さいか、と問われるとそうでもない。ミラーショックがないのでスローでもブレないか、と言うとやっぱりそうでもない。
 ただ、リズムに乗って、瞑想するには最適であることは間違いない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。